■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

まだまだ正直な話し、レーシック手術というものが老若男女問わずに広く知られているというワケではありません。
しかし安全性が高くなってきた今、その他の医療行為と同じように当たり前の手術として確立すること間違いないでしょう。レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。

 

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。

 





セラミド 化粧水の専門
セラミド 化粧水の最新情報
URL:http://www.luxrous.jp/html/page1.html


■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:2020-07-27

減量には、適度なトレーニングが効果的なんですが…

「どんなトレーニングをしたらよいのかわからない…」とか
「そもそもトレーニングが嫌い…」といった人に、
わたくしはアイソメトリックスをお勧めします。

アイソメトリックスというのは、日本語に訳すと「等尺性筋収縮」。
解りやすく言うと、
「筋肉の長さを変えずに力を加える」トレーニングのことを指します。

ストレッチのように筋肉を伸ばしたり縮めるのではなく、
身体の各部分の筋肉の長さを変えずに力を加えて、
約7秒間緊張させることによって筋肉を鍛えるトレーニングです。

腕相撲で、力が均衡していて、
握った拳が止まって動けないような状態ってありますよね?
そんな状態を意識的に作り出すことで、
筋力と基礎代謝をアップさせようというトレーニングです。

道具も場所も選ばず、
どこででも短時間で筋肉を鍛えることができるのが、
このアイソメトリックスというトレーニングの特徴です。

アイソメトリックスは、
筋肉を伸縮させるトレーニングではないので、
固定された物を押したり引いたりすることで、
筋肉を固定したまま鍛えることができます。

また、
両手を胸の前で合わせて押し合うトレーニングや、
胸の前で手を鍵状に組み、引き合うトレーニングも、
アイソメトリックスになります。

電車の中や仕事をしながら、テレビを見ながら…など、
思い出したときに、このアイソメトリックスを行っていれば、
知らないうちに少しは筋力がアップしているはずです。

簡単なトレーニングですが、
何もしないよりは、当然減量効果は上がります。

筋肉は力を加えないとどんどん衰えていくだけです。
ちょっと意識を持つだけで、
アイソメトリックスのような簡単なトレーニングで筋肉を動かし、
筋力や体力の低下を防ぎ、減量を成功させましょう!


■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意 ■レーシック情報:術後の安定までの日数 ■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能 ■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない