■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

勘違いされている人が多くいますが、レーシックというのはとっても安全性の高い手術であり、注目されているのです。
さらに視力が悪化してしまったり失明なんてことはほぼありませんので安心してレーシックを受けてください。レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。

 

レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。

 





携帯買取
携帯買取へ
URL:http://mobi-ecolife.com/


■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:2020-04-06

今日はどういうわけか、モチベーションが高いです(笑

美人でファッションセンスもばっちりのセレブ風OL。
責任あるポストを任され、日々が忙しいキャリアウーマン。

このような方々の中には、
ダイエットをしようとしているのに、
「過食」が止まらないという悩みを持っている方が
結構いるようなんです。

このような「過食」の悩みを抱えている彼女たちの特徴は、
人と一緒にいるときは普通なのに、
一人になったとたんに食べるのをやめられなくなる…ということ。

明らかに心に何か問題を抱えているんですね。
つまり、その問題のほとんどが、
「誰かに愛されたい」という心の寂しさなんです。

しかし、
たいてい本人たちは
「仕事が充実しているから、彼女がいなくても寂しくない」
「わたしは孤独なんかじゃない。だって友達もたくさんいるし」
と思っているようですが…

小さいお子様を見るとわかりますが、
お母さんが忙しく、甘えたくても甘えられないお子様って、
よく指をクチにくわえていますよね。

これは、赤ちゃんのとき、
お母さんのおっぱいを吸って、
安心した記憶が残っているからなんですよね。

だから、不安なときや寂しいときに、
赤ちゃんの頃と同じようにクチに何かを触れさせることで、
心の寂しさを紛らわせようとするのです。

これは、大人になってもそれは同じことで、
「過食」してしまうということは、
「食事」という行為で、クチに何かを触れさせようとしているんです。

つまり、本人たちは無意識でも、
それは「愛されたい」と願う気持ちや寂しさの現れなのです。

頑張りすぎず、素直に愛を求めれば良いんです!
そうすれば、必ず正常な食欲に戻ってくるはず。
正常な食欲に戻れば、ダイエットはすぐに成功できるでしょう。

――――――以上で今日の報告を終わります。

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意 ■レーシック情報:術後の安定までの日数 ■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能 ■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない