■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

全国に数多くのレーシックが可能なクリニックがありますが、どこのクリニックを利用しても良いというワケでは決してありません。
最も大切なのは価格でも立地条件でもなく、何よりも実績経験の豊富なドクターに手術をしてもらうということなのです。レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。

 

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。

 



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:2020-05-02

シェイプアップをしようと決めて、
当初はトレーニングするぞ!と意気込んでいたのに…

長続きしなくて断念してしまった方も
多いのではないでしょうか?

シェイプアップを長続きさせるコツは
楽しんで行なうことだと思います。

例えば…
ウォーキングを行なう場合、
はじめから60分も歩いたりせずに、
15〜20分から始めるようにして、
少しずつ時間を延長していく方が身体も慣れて
長続きすると思います。

慣れるごとに
トレーニングの内容もだんだんと変えていくといいと思いますよ。

連日きちんとやらなければ!などとあまり真剣に考えずに、
今日はできなかったから明日頑張ろうという感じで、
気楽にやる方が長続きすると思います。
連日やらなくても、24時間おきでもいいんです!

トレーニングの内容はいろいろですが、
朝目覚めた時にふとんの中で
ストレッチを5分ほどすると気持ちよく起きれますし、
24時寝る前にストレッチをすると
24時間のたまった疲れをとることができます。

また、
電車やバスの待ち時間の間はつま先立ちで立っていたり、
エレベーターを利用せずに階段を利用したりするように
心がけることもいいと思います。

家でテレビを見るときもただ見ているだけではなく、
腹筋をしながら見たりするなど、
連日の生活の中でも
トレーニングするチャンスはいっぱいあるはずです。

日常の中で、
無理なくできるトレーニングを工夫してみると楽しいと思いますよ。

身体を動かす量を増やすことが
シェイプアップのためには大切なことなのです。

一気にやらずにコツコツと活動量を増やしていけば、
長く続けられるでしょう。



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意 ■レーシック情報:術後の安定までの日数 ■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能 ■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない