■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療


■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
まだまだ正直な話し、レーシック手術というものが老若男女問わずに広く知られているというワケではありません。
しかし安全性が高くなってきた今、その他の医療行為と同じように当たり前の手術として確立すること間違いないでしょう。レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。




■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:2020-06-17

わたし自身の経験からもそうなのですが、
減量って根性や忍耐は不要だと思います。

実際、根性入れて
毎日限界まで肩コリ体操して、
汗ダクになって立てなくなるまで走りこんで、
そして一汁一菜の食事もしくは断食をして…
なんて減量ってどう思います?

そりゃ、これだけやれば
体重なんてあっという間に減るでしょうね。

でもわたしは、こんな風に一時的に爆発的に行なうものを
「減量」とは言わないと思います。

だって、何かのイベントに合わせて痩せて、終わったら元に戻って…
なんて減量ではないですよね?

根性や忍耐で爆発的に頑張って、急激に痩せたものは長続きしません。
長続きさせたらそれこそ肉体の限界を超えて、からだを壊すだけです。

からだを壊す減量なんて、わたしはしたくもありません!

例えば、夜更けに食べても、
30%脂肪吸収率が上がるだけです。

その30%余分に吸収した体脂肪は
明明後日以降のどこかで挽回すればいいだけの話なので、
「夜更け食べちゃったから減量できない」
ことはないのです。

事実、わたしの夕食時間は、
ほとんど24時10時~12時です。
こんな生活でも半年で1`落とせました。

世の中の減量法の「これはダメ!」と言うのも、
「これをやったら減量は失敗」
というのではなく、
「こうした方がベター」
と言った程度のものなのです。

数ある禁じ手を守らなくても、減量はできます!

だから
「これをやっているから、わたしには減量は無理」
なんて考えないで、
「じゃあ他の方法を考えよう」
と言う具合に発想の転換をしましょう!

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)よくわかるレーシックパーフェクトマニュアル