■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意


■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
全国に数多くのレーシックが可能なクリニックがありますが、どこのクリニックを利用しても良いというワケでは決してありません。
最も大切なのは価格でも立地条件でもなく、何よりも実績経験の豊富なドクターに手術をしてもらうということなのです。レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。




■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:2020-07-05

大人になるとほとんどの人が、
24時間の大半の時間を仕事で使っています。

当たり前のことですが、
生活の第一優先が「仕事」になりますよね。

小さなお子様がいる我が家でも、
よくこんな言葉を吐いている自分に気付きます。
「お父さん、お仕事だからね…」

少し反抗期の三歳になる息子も、
「仕事」という言葉だけには逆らいません。
「仕事」というものが一番「大切」で、
自分よりも優先されるものだと理解しているのでしょう。

もちろん間違いではないし、
家族の命や豊かな生活を守るための仕事でもあります。
仕事が無くなったら、
たちまち今の生活は脅かされてしまいますもんね。

何よりも優先される「仕事」。

でも、よく考えてみると、
あたくし達は「仕事だから」と言う言葉を、
小さなお子様に対してだけに
使っているわけでも無いようなんですよね。

家事を手伝って欲しいという嫁に…
いつもいつも自分を誘ってくれる友達に…

「仕事だから…」って
よく言ってしまっているんです。

家族や周りの人達だけでもなく、
自分自身にも使います。

旅行に行きたいのに…
どうしても観たい映画があるのに…
もっと嫁やお子様と過したいのに…

「仕事だから…」と
自分自身に言い聞かせています。

実のところ息子に
「仕事だからね…」と言い聞かせている
あたくしのこころ片隅には、
「あたくしは間違ってるんじゃないか?」
…いつもそんな疑問が残ってしまいます。

あたくしはこれから息子に
「お父さん、仕事だからね…」という言葉を、
「お父さん、今したいことがあるからね」
という言葉に変えようと思っています。

じゃんじゃん
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)よくわかるレーシックパーフェクトマニュアル