■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について


■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
例えばプールや海へ泳ぎに行った時に、眼鏡などの補助器具を使用しているとどうしても邪魔になってしまいますよね?
だからこそレーシックであり、レーシックを受けることで裸眼での生活を支障なく送ることが出来るのです。レーシックの手術で、視力がどの程度まで回復をするのか、ということはレーシックの手術を受ける方たちにとっては大変重要なことだと思います。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。レーシックの手術を受けている人で、大抵裸眼での視力が1.0よりも低い人であり約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

レーシックというのは、最近の技術向上によってどんどんと安全性が保証されてきています。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。




■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:2020-07-09

ボクは現在朝方食を食べていますが、
食べるものや食べ方を間違えて、
かえって太ってしまったことが過去にあります。

おそらくネットやテレビなどからの情報で
「ダイエットのためには朝方食は必ずとるべき」
と考えてのことだったと思います。

かなり長い間朝方食を食べる習慣が無かったので、
とりあえずは食べやすいものを…と、
ブラックコーヒーに小さな菓子パンを食べていたのですが、
あっという間に体重は5`ほど増えました。

今考えると
午後・夕方食や運動の内容は変わらずに、
菓子パン分が毎日の食生活に加えられたわけですから
太るのは当然なのですが…

これもどこかで聞いた
「朝方は代謝が高いから甘いものでも大丈夫」
という情報を鵜呑みにしていたのと、
その時は朝方食をとることだけにとらわれていたのが
失敗の原因です。

午後と22時の2食だった人が、
朝方食をとるようになっても
午後・22時のご飯量やメニューが
まったく変わらないのであれば、
単にカロリーオーバーになってしまい、太るのは当然ですよね。

結局、人それぞれの生活に応じて、
決定するのが最善ではないでしょうか。

例えば
朝方食をとることで便秘が改善されたとか、
22時遅くにたくさん食べることが減ったとかの効果があれば
朝方食をとったがほうが良いでしょうし…

朝方食を抜いたとしても仕事の能率も悪くなく、
午後前にお腹が減らないのであれば、
まったく問題は無いと思います。

たとえ朝方食を習慣にしていても、
たまたま前日の遅い時間にご飯を食べたなどの理由で、
翌朝方に食欲が無い場合は、無理して食べる必要はないと思います。

その後のご飯の量が守られていれば、
朝方食を抜いて調整することも効果的な場合もあります。

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)よくわかるレーシックパーフェクトマニュアル